教えて!リーバイス(Levis)

Levis リーバイス 歴史

 

教えて!リーバイス(Levis)
1853年『Levi Strauss & Co.』リーヴァイ・ストラウスがサンフランシスコで創業。
1873年 『リベットによる衣服の補強法』の特許を取得。世界初のジーンズを商品化しこれがカジュアルジーンズの原型となる。
1930年 西海岸の男子学生がジーンズをファッションとして穿き始めることが流行の発端となり、女性達もジーンズを穿くようになる。
ジーンズが「労働者から」「ファッション」へと肩書きを変える。
大戦中に品質が、東部やヨーロッパの兵士に伝わり、大戦終了後、Levisの名は全世界へと広まった。

 

教えて!リーバイス(Levis)
1950年 ジェームス・ディーン(『理由なき反抗』)、マーロンブランド(『乱暴者』)といった、
今でもカジュアルジーンズの似合うヒーローとして敬愛される2人の登場によって、Levisの人気は決定的なものになった。
ワイトやコーデュロイなどの新製品を次々と開発、いずれもベストセラーとなる。今日のベーシック・ジーンズと呼ばれる商品体系を築く。
ヒッピー文化の中で、LEVI’Sは若者のシンボルとなっていった。
1980年 ストーンウォッシュ加工のデニムが登場。
洗いの時代、中古風のカジュアルジーンズが流行。

 

教えて!リーバイス(Levis)
1991年 ベルボトム、ブーツカットが日本で復活。太めのデニムが流行した。
1992年 赤耳付きデニムの生産を再開、501XXが復刻される。
2003年 Levisが誕生して現在までに、50億本以上のジーンズが生産
Levi Strauss & Coの成立150周年、ジーンズの誕生130周年という二重の記念年を迎えた。
現在でも、501 501xx 502 503 505 606と、メンズ レディース共に幅広いラインを展開、
過去のジーンズを復刻したヴィンテージ デニムなど色褪せる事の無い人気を保ち続けている。 

更新履歴